月別アーカイブ: 9月 2012

蓄光フィニッシュ(ブルー)、蓄光フィニッシュ(グリーン)

「蓄光顔料」を使用した粘着シートができれば、軍用機の「フォーメーションライト」表現に最適だと考え、2009年春より開発を進めていました。

開発当初は、光を蓄えて発光する輝度も残光も少なく、さらにシートが分厚くなってしまい、スケール感を損ねることから開発を一時中断していました。新しく開発に使用した蓄光性夜光顔料は、従来品と比べ「初輝度で10倍、残光輝度で10倍」という明るさの性能を持ちます。

そもそも「蓄光顔料」とは何か?というと、自然光や蛍光灯、紫外線を放出するブラックライトなどの光エネルギーを吸収して一時的に蓄え、瞬時に真っ暗な状態になると、蓄えた光を徐々に放出して発光するものです。電気を使わずに「光の吸収→発光→吸収→発光」を、何度でも繰り返すことができ、照射する光が強ければ強いほどよく光る、という特性があります。

「蓄光性夜行顔料」は、うっすらと色のついた白い粉ですが、灯りを消すとこんな感じで光ります。

※蓄光性夜行顔料は「根本特殊化学株式会社」のN夜光(LumiNova®)を使用しています。日本テレビの「世界一受けたい授業」でも何度か取り上げられ、皆さんがお持ちになっている時計の文字盤では、世界シェアをほぼ独占しています。

※蓄光フィニッシュに使用する蓄光性夜光顔料は、放射性物質や有害物質は一切含みません。

軍用機の多くに装備され、夜間の編隊飛行で灯火される「フォーメーションライト」の表現に最適です。蓄光フィニッシュは、このために開発したようなもので、発する光が本物とそっくり!

モータースポーツの車両に使用されている、計器板のELバックライトも本物のように光ります!

↑ユーロファイターのフォーメーションライトも、NSR250のELバックライトも、デカールの上から施工しています。シートは半透明ですので、ベースの色彩を生かした施工が楽しめます。コレクションにどんどん貼ってみましょう♪

キャラクターモデルのライトに施工して、軍用装備の夜間灯火を演出できます。蓄光シートは接着する面に貼っています。

蓄光フィニッシュの「注意事項」

蛍光灯などにシートを10秒以上当てることで蓄光しますが、照射する光が強ければ強いほどよく光りますので、発光が弱いと感じた場合は、窓からでも太陽の方向に10秒以上当ててから、真っ暗な部屋で確認してください。※ブルーの蓄光顔料は、グリーンよりも若干蓄光性が弱く視認性も劣ります。

↑ ピクトグラム (左)非常口、 (右)広域避難場所

ピクトグラムは、東京オリンピック開催時に、外国人とのコミュニケーションを取り持つために開発されたのが始まりで、1980年代以降に広く使われるようになりました。1982年、日本で制定された非常口サイン(左)は、1987年に国際規格ISOに組み込まれて国際標準となりました。防災意識の高まりとともに、地震や台風等の災害時の停電に際し、電源や配線配管を必要としない「蓄光」の表示は、有効な手段として需要が高まっています。

←「非常口サイン」東京メトロ半蔵門線ホーム

蓄光フィニッシュは、模型の使用に限らずご家庭でも、スイッチ類や廊下、階段などに非常用の標識を付けたり、アクセサリーやオブジェ、釣り具への応用などに有効利用できる便利なシートです。

「安全対策」として有効ですので、是非ともご使用いただきたいですね。

★新製品★  

TF908 蓄光フィニッシュ(ブルー)[限定品]
TF909 蓄光フィニッシュ(グリーン)[限定品]

2012年10月下旬 発売予定  税込¥1,260

第52回全日本ホビーショー情報

《業者商談会》 10月11日(木)・12日(金)
《一般公開日》 10月13日(土)・14日(日)

※10月13日(土)・14日(日)一般公開日に、蓄光フィニッシュ(ブルー)、蓄光フィニッシュ(グリーン)の先行販売を行います。是非会場にて「発光するシート」をお確かめください!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

蛍光レッドフィニッシュ

フィニッシュシリーズに待望の「蛍光レッド」が登場します。

2009年に発売されたTF6蛍光オレンジとTF7蛍光イエローとは、「素材を一から」見直しました。

使用するフィルムは、伸び特性に優れた透明タイプを選択し、隠蔽力の高い同色系のベースを、フィルムと蛍光色の間に加工することで、厚さを抑え、「発色の良い蛍光色と薄さ」を両立させたシートです。薄くなったことで曲面への追従性がよくなり、濃い色の施工面に対しても、同色系のベース効果で、高い隠蔽力を実現しました。「蛍光レッド」は、タバコ広告のイメージカラーではありますが、フォーミュラ1、世界ラリー選手権、2輪のロードレース世界選手権といったモータースポーツに参戦するチームのスポンサーとして有名で、模型製作には欠かすことのできない色です。1/12 YZR500の開発と同時に、蛍光レッドフィニッシュの開発も進みました。

注)モニター画面では、蛍光レッドの色味がオレンジ色っぽく見える場合があります。蛍光レッドフィニッシュの構造は下から、セパレーター→粘着フィルム→同色系ベース→蛍光レッド×2 となっており、実際のレースで使用される蛍光シートと同様の行程です。同色系のベース効果で厚さを抑え、発色の良い蛍光色と、薄さを両立させました。

施工する色が白でも黒でも、発色の良い蛍光色は同じ。特に濃い色の施工面に対して隠蔽力が高いというのは、模型製作が楽になり助かりますね。

 

◆デイグロ蛍光顔料◆

1930年代にアメリカで発明されたデイグロ蛍光顔料は、第二次世界大戦中の地上最前線での自軍車輌に対する誤爆防止のため、アメリカ陸軍で正式に採用されました。1950年代後半には、増大した航空機の空中衝突防止のマーキングとして蛍光顔料が使われています。日本にも1950年半ばにデイグロ蛍光顔料が商社により紹介され、蛍光顔料といえばデイグロというほど、各分野に名前が知られるようになりました。

※ TF910は日本製の蛍光顔料を使用しています。

空中衝突防止のために採用された航空自衛隊 T-4練習機。フォーミュラ-1に装備されるオンボードカメラやスポンサーマークに最適です。

★新製品★  TF910 蛍光レッドフィニッシュ [限定品] 

2012年10月下旬 発売予定  税込¥1,260

第52回全日本ホビーショー情報

《業者商談会》 10月11日(木)・12日(金)
《一般公開日》 10月13日(土)・14日(日)

※10月13日(土)・14日(日)一般公開日に、蛍光レッドフィニッシュの先行販売を行います。是非会場にて発色の良さをお確かめください!

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。