プラモデルメーカー ハセガワ
GLOBAL SITE
サイト内検索
トップ 販売店情報 サポート ブログ イベント コンテスト 会社情報
プラモデル
F-15J/DJ イーグル“航空自衛隊”
pt51pk
スケール … 1:48
品番 ……… PT51
本体価格 … 5600円(+消費税)

F-15Jイーグルは、航空自衛隊の主力要撃戦闘機です。
日本の航空自衛隊はアメリカ空軍、
イスラエルに続く世界で3番目のイーグル装備国です。
それまでF-104Jを要撃戦闘機として使用してきた航空自衛隊は、
F-104Jの後継機としてF-Xを調査しました。
多くの候補機の中から昭和51年12月9日にF-15を採用することが決定、
昭和56年3月27日に第1号機が岐阜基地に到着しました。
導入当初の航空自衛隊のF-15Jは基本的にアメリカ空軍のF-15Cブロック26に相当する機体で、
一部航空自衛隊独自の改修を行っていました。
これは、自衛隊独自の自動警戒管制組織(バッジ・システム)と
E-2C早期警戒機からの要撃管制を受ける高速データ装置(J/ASW-10データリンクシステム)が
追加されたのと垂直尾翼の先端のアンテナをマスバランスに変更したのが主な改修点です。
航空自衛隊はF-15Jを最初、新田原基地に配備しパイロットの育成に当てたあと
本格的に戦闘航空団に配備を開始しました。
現在F-15Jは201飛行隊(千歳基地)、202飛行隊(新田原基地)
203飛行隊(千歳基地)、204飛行隊(百里基地)、303飛行隊(小松基地)
304飛行隊(築城基地)、305飛行隊(百里基地)の
7個飛行隊に配備されています。
F-15Jはアメリカ空軍と同様、多段階改良計画(MSIP)を行っており
年々装備品が改良追加装備されています。
このため新たにアンテナが追加されたりと、外観上でも変化しています。
この他、国産の空対空ミサイルAAM-3を搭載できる機体も改修中です。
F-15Jは航空自衛隊の主力戦闘機として今後開発される
FS-Xとともに日本の空の防衛に活躍していきます。

 

※発売当時の情報です。

 
《データ》
乗員:1名
全幅:13.05m
全長:19.43m
全高:5.63m
最大離陸重量:30,845kg
エンジン:P&W F-100-IHI-100
推力:7,348kg×2(AB使用時10,800kg×2)
最大速度:マッハ2.5/12,200m
固定武装:JM61A 20mmバルカン砲×1

最新情報を配信中


新製品情報
製品一覧
●飛行機
・1:72スケール
・1:48スケール
・1:32スケール
・1:144スケール
・1:200スケール
・ミュージアムモデル
・1:72エアクラフト アクセサリー
・1:48エアクラフト アクセサリー
●船
・1:350スケール
・1:450スケール
・1:700スケール
●自動車
・1:24スケール
・1:12スケールバイク
・1:20スケール
●AFV(装甲車)
・1:72スケール
・日立建機 油圧ショベル
・日立建機 振動ローラ
●キャラクター
・アイドルマスター
・ウルトラマン
・エースコンバット
・エリア88(CW)
・キャプテンハーロック(CW)
・紫電改のマキ(CW)
・終末のイゼッタ(CW)
・戦場まんがシリーズ(CW)
・たまごひこーき
・とある飛空士の追憶(CW)
・バーチャロン
・バリバリ伝説
・マクロス
・マシーネンクリーガー
・メカトロウィーゴ(CW)
・モーレツ宇宙海賊(CW)
・ラストエグザイル(CW)
・輪廻のラグランジェ(CW)
・クリエイターワークス シリーズ ・無人宇宙探査機 ボイジャー
・双腕仕様機 アスタコNEO
・しんかい6500
・しんかい6500(推進器改造型 2012)
●フィギュア用アクセサリー
・1:12スケールフィギュア用
● ディテールアップパーツ
・1:48飛行機用
・1:32飛行機用
・1:350艦船用
・1:450艦船用
・1:700ウォーターライン用
・1:24自動車用
・1:20自動車用
・オプションデカール
● トライツール(工具)
・模型用工具
・熊野筆
・テンプレート
・モデリングメッシュ
・フィニッシュシリーズ
・海外メーカー製工具
●モデモ 
・N/HOゲージ鉄道模型
● 輸入商品
・ドイツレベル社 
・アメリカレベル社 
・ICM社 
・メリット社 
・アドオンパーツ社 
・RSモデル社 
・PONTOS MODEL社
・コンコルド社(洋書)
製品リストダウンロード