プラモデルメーカー ハセガワ
GLOBAL SITE
サイト内検索
トップ 販売店情報 サポート ブログ イベント コンテスト 会社情報
プラモデル
F-86F-30 セイバー “U.S. エア フォース”
PT13
スケール … 1:48
品番 ……… PT13
本体価格 … 3200円(+消費税)

F-86セイバーは、P-51Dムスタングの
後継機として開発されたジェット戦闘機で、
試作機XP-86が1947年10月1日に初飛行を果たしました。

 

F-86Eは、最初の量産型F-86Aの改良型で
J-47-GE-13エンジンを搭載し、操縦装置の改善や、
水平尾翼の可動化などがなされていましたが
朝鮮戦争におけるミグ15との空中戦の教訓から、
さらなる改修が加えられることになりました。

 

これが1952年3月に初飛行したF-86Fで、
動力はJ-47-GE-27、推力2,760kg、
武装は12.7mm機関銃6挺のほか、
主翼の下に各種のミサイルや爆弾をとりつけるようになり、
しかも防弾を強化、また生産の途中から主翼の前縁スラットを廃止して
翼弦をわずか延長し境界層板をとりつけて、
翼端失速を防ぐようにしました。
これがF-86F-25および-35です。

 

この結果、F-86Fはミグ15よりもすぐれた格闘性能をもつようになり、
朝鮮動乱の後期に大戦果をあげることができましたが
その後、この翼弦延長型(一般に6-3前縁翼といいます。)に
前縁スラットを併用した方が、あらゆる速度での
運動性がすぐれていることがわかり、
ふたたび前縁スラットをとりつけました。
これはF-86F-40としてしられています。

 

航空自衛隊が1956年(昭和31年)から採用したのは、
このF-86F-40が主力で、三菱重工が国産化したのも、
この前縁スラットつきの後期型でした、
しかしその前からアメリカ空軍より供与を受けていた少数機は、
旧式の境界層板つきで、RF-86Fのように日本側で
前縁スラット型に改造したものがありました。
航空自衛隊のF-86Fはアメリカ軍供与、
ノックダウン生産および三菱でライセンス生産したもの
を合わせて330機以上でした。

 

《データ》(三菱F-86F)
乗員:1名
全幅:11.32m
全長:11.45m
全高:4.5m
全備重量:9,219kg
エンジン:J-47-GE-27ターボジェット (出力2,681馬力)
最大速度:1,118km/h
武装:12.7mm機関銃×6,サイドワインダー空対空ミサイル×2,
または0.5インチ空対空ロケット弾×6,または各種爆弾×2

最新情報を配信中








新製品情報
製品一覧
●飛行機
・1:72スケール
・1:48スケール
・1:32スケール
・1:144スケール
・1:200スケール
・ミュージアムモデル
・1:72エアクラフト アクセサリー
・1:48エアクラフト アクセサリー
●船
・1:350スケール
・1:450スケール
・1:700スケール
●自動車
・1:24スケール
・1:12スケールバイク
・1:20スケール
●AFV(装甲車)
・1:72スケール
・日立建機 油圧ショベル
・日立建機 振動ローラ
●キャラクター
・アイドルマスター
・ウルトラマン
・エースコンバット
・エリア88(CW)
・キャプテンハーロック(CW)
・紫電改のマキ(CW)
・終末のイゼッタ(CW)
・戦場まんがシリーズ(CW)
・たまごひこーき
・とある飛空士の追憶(CW)
・バーチャロン
・バリバリ伝説
・マクロス
・マシーネンクリーガー
・メカトロウィーゴ(CW)
・モーレツ宇宙海賊(CW)
・ラストエグザイル(CW)
・輪廻のラグランジェ(CW)
・クリエイターワークス シリーズ ・無人宇宙探査機 ボイジャー
・双腕仕様機 アスタコNEO
・しんかい6500
・しんかい6500(推進器改造型 2012)
●フィギュア用アクセサリー
・1:12スケールフィギュア用
● ディテールアップパーツ
・1:48飛行機用
・1:32飛行機用
・1:350艦船用
・1:450艦船用
・1:700ウォーターライン用
・1:24自動車用
・1:20自動車用
・オプションデカール
● トライツール(工具)
・模型用工具
・熊野筆
・テンプレート
・モデリングメッシュ
・フィニッシュシリーズ
・海外メーカー製工具
●モデモ 
・N/HOゲージ鉄道模型
● 輸入商品
・ドイツレベル社 
・アメリカレベル社 
・ICM社 
・メリット社 
・アドオンパーツ社 
・RSモデル社 
・ハセガワ タコム 
・PONTOS MODEL社
・コンコルド社(洋書)
製品リストダウンロード