プラモデルメーカー ハセガワ
GLOBAL SITE
サイト内検索
トップ 販売店情報 サポート/お問い合わせ ブログ イベント コンテスト 会社情報
プラモデル
再販
スピットファイア Mk.IXc
JT79
スケール … 1:48
品番 ……… JT79
弊社発送 … 2020年12月16日
発売日 …… 2020年12月19日ごろ
本体価格 … 2400円(+消費税)


ドイツ空軍の高々度爆撃機に対して開発された
高々度戦闘機であるスピットファイアMk.VI、Mk.VIIでしたが、
恐れていた敵爆撃機の侵入がなかったため、
必要なくなった与圧キャビンを取り外し
通常の戦闘機型にしたのがスピットファイアMk.VIIIでした。

 

しかし、量産が遅れたため、
ドイツ空軍のFw109Aに対抗するために、
Mk.VIIIに代わって登場したのが、Mk.IXでした。

 

Mk.IXは既存のMk.Vcの機体に最小限の改良と、
マーリン61エンジンを搭載し、1942年6月に量産1号機が完成し、
1945年6月までに各型合計5,600機ほどが生産され、
主力はマーリン66エンジン装備の低高度用(LF)で、
次にマリーン61または63エンジンの中高度用(F)が千数百機、
マーリン70の高々度用(HF)が600機弱でした。

 

当初、武装はCウィングが主でしたが、
後に20mm機関砲×2、12.7mm機銃×2装備のEウィングも採用され、
主翼は標準翼と切断翼が用いられ、
後期生産機では、方向舵が大型化されました。

 

また、Mk.IXの大量生産によるエンジンの供給不足を補うため、
マーリン66と基本的に同じ、
アメリカでライセンス生産のパッカード・マーリン266を搭載した、
外観及び性能はMk.IXと同じMk.XVIが1,000機ほど生産されました。

 

《データ》
Mk.IX乗員:1名
全幅:11.227m(標準翼)
全長:9.474m(標準方向舵)
全高:3.494m
全備重量:3,572kg
エンジン:マーリン66km/h(低高度用)
出力:1,580hp
航続距離:698km
最大速度:650km/h(低高度用)
武装(Cウィング):20mm機関砲×2、7.7mm機銃×4/7.7mm機銃×8または20mm機関砲×4



最新情報を配信中




新製品情報
製品一覧
●飛行機
・1:72スケール
・1:48スケール
・1:32スケール
・1:144スケール
・1:200スケール
・ミュージアムモデル
・1:72エアクラフト アクセサリー
・1:48エアクラフト アクセサリー

●船
・1:350スケール
・1:450スケール
・1:700スケール

●自動車
・1:24スケール
・1:12スケールバイク
・1:20スケール

●フィギュア
・1:24スケール
・1:12スケール(JKメイト)
・1:12リアルフィギュアコレクション

●AFV(装甲車)
・1:72スケール

・1:35スケール

●キャラクター
・アイドルマスター
・ウルトラマン
・エースコンバット
・エリア88(CW)
・キャプテンハーロック(CW)
・クラッシャージョウ(CW)
・紫電改のマキ(CW)
・終末のイゼッタ(CW)
・ストライクウィッチーズ
・戦場まんがシリーズ(CW)
・たまごひこーき
・たまごガールズ
・とある飛空士の追憶(CW)
・バーチャロン
・バリバリ伝説
・マクロス
・マシーネンクリーガー
・メカトロウィーゴ(CW)
・モーレツ宇宙海賊(CW)
・ラストエグザイル(CW)
・輪廻のラグランジェ(CW)
・クリエイターワークス シリーズ

・無人宇宙探査機 ボイジャー
・双腕仕様機 アスタコNEO
・しんかい6500
・空港用化学消防車

●フィギュア用アクセサリー
・1:12スケールフィギュア用

● ディテールアップパーツ
・1:48飛行機用
・1:32飛行機用
・1:350艦船用
・1:450艦船用
・1:700ウォーターライン用
・1:24自動車用
・1:20自動車用
・オプションデカール

● トライツール(工具)
・模型用工具
・熊野筆
・テンプレート
・モデリングメッシュ
・フィニッシュシリーズ
・海外メーカー製工具

●モデモ 
・N/HOゲージ鉄道模型

● 輸入商品
・ドイツレベル社 
・アメリカレベル社 
・ICM社 
・メリット社 
・アドオンパーツ社 
・RSモデル社 
・サンダーモデル社 
・DGアートワーク社 
・HKモデル社
・ボーダーモデル社
・SABREモデル社
・RPGモデル社
・U-STAR HOBBY社
・ハセガワ タコム 
・PONTOS MODEL社
・コンコルド社(洋書)

製品リストダウンロード