プラモデルメーカー ハセガワ
GLOBAL SITE
サイト内検索
トップページ 販売店情報 サポート ブログ イベント 会社情報 ツイッター Facebook
プラモデル
三菱 零式艦上戦闘機 22型
jt17pk
スケール … 1:48
品番 … JT17
本体価格 … 2400円(+消費税)

戦争初期を勝利で飾った零戦は、1000馬力に満たないエンジンで
できる限りの飛行性能を実現した素晴らしい戦闘機でした。
優秀な機体だからこそ、メーカーも軍もさらに良いものを
求めるようになり、太平洋戦争開戦の1年も前の昭和16年初めに
エンジン換装を含めたA6M3型の開発が開始されました。

開発の主眼はメーカー側はエンジン換装による高空性能の向上を、
用兵側は主翼折り畳み装置の廃止によるロール(横転)率、
速度性能の向上、および生産性、整備性の向上等に置かれました。

エンジンは1段2速過給器付の性能向上型栄21型が用意され
プロペラも、増えた馬力を吸収するために直径が15cm大
きくなったハミルトン恒速式プロペラが装備されました。
エンジンの性能が向上した反面重量が増大した為
取り付け部分および胴体が大幅な変更を受けた結果、
零戦21型に比べ胴体が短縮されました。
また、カウリングも空力的洗練の向上の為再設計され、
気化器取入れ口が下から上に移動しました。
翼端は角形に整形され合計1m短縮されました。
主翼固定武装の20mm機関砲も弾数の増えた
99式2号固定銃2型に換えられました。

こうして改修されたA6M3は、昭和16年7月14日に初飛行し、
数々のテストの結果、零式2号艦上戦闘機32型として
海軍に採用されソロモン、南西太平洋に配備され活躍しました。

このような改修を受け、速度、ロール率等の向上した反面、
水平面での運動性と零戦の特徴である航続性能が大幅に
低下しました。就役当初はそれほど問題にならなかったものの、
ラバウルからガダルカナルへの長距離侵攻が始まると
航続距離のなさがクローズアップされるようになりました。

そこで主翼の幅を12mに戻し外翼内に燃料タンクを増設した
航続性能向上型が作られ、零式2型艦上戦闘機22型として
昭和18年1月29日に採用されました。

22型は32型に比べ航続距離が延び、32型がこの後、
新型機でありながら訓練部隊に回されたのに対し22型は
ソロモン方面の航空戦の主役として活躍しました。
また、それぞれの型で主翼内の武装を長銃身の
99式2号固定銃3型に換えた22型甲・32型甲も作られました。

《データ》乗員:1名、全幅:12.00m、全長:9.060m、全高:3.570m、最大速度:540.8km/h(6,000m)、エンジン:「栄」21型(離昇出力1,130hp)、武装:7.7mm機銃×2 20mm機関砲×2





新製品情報
製品一覧
●飛行機
・1:72スケール
・1:48スケール
・1:32スケール
・1:144スケール
・1:200スケール
・ミュージアムモデル
・1:72エアクラフト アクセサリー
・1:48エアクラフト アクセサリー
●船
・1:350スケール
・1:450スケール
・1:700スケール
●自動車
・1:24スケール
・1:12スケールバイク
・1:20スケール
●AFV(装甲車)
・1:72スケール
・日立建機 油圧ショベル
●キャラクター
・アイドルマスター
・ウルトラマン
・エースコンバット
・エリア88(CW)
・キャプテンハーロック(CW)
・紫電改のマキ(CW)
・終末のイゼッタ(CW)
・戦場まんがシリーズ(CW)
・たまごひこーき
・とある飛空士の追憶(CW)
・バーチャロン
・バリバリ伝説
・マクロス
・マシーネンクリーガー
・メカトロウィーゴ(CW)
・モーレツ宇宙海賊(CW)
・ラストエグザイル(CW)
・輪廻のラグランジェ(CW)
・クリエイターワークス シリーズ ・無人宇宙探査機 ボイジャー
・双腕仕様機 アスタコNEO
・しんかい6500
・しんかい6500(推進器改造型 2012)
●フィギュア用アクセサリー
・1:12スケールフィギュア用
● ディテールアップパーツ
・1:48飛行機用
・1:32飛行機用
・1:350艦船用
・1:450艦船用
・1:700ウォーターライン用
・1:24自動車用
・1:20自動車用
・オプションデカール
● トライツール(工具)
・模型用工具
・熊野筆
・テンプレート
・モデリングメッシュ
・フィニッシュシリーズ
・海外メーカー製工具
●モデモ 
・N/HOゲージ鉄道模型
● 輸入商品
・ドイツレベル社 
・アメリカレベル社 
・ICM社 
・メリット社 
・アドオンパーツ社 
・RSモデル社 
・PONTOS MODEL社
・コンコルド社(洋書)
製品リストダウンロード