プラモデルメーカー ハセガワ
GLOBAL SITE
サイト内検索
トップ 販売店情報 サポート/お問い合わせ ブログ イベント コンテスト 会社情報
プラモデル
トヨタ セリカ 1600GT “レース仕様”
hc16pk
スケール … 1:24
品番 ……… HC16
弊社発送 … 2004年11月16日(発売中)
本体価格 … 2500円(+消費税)
パーツ数 … 98
模型全長 … 174mm
模型全幅 … 72mm


日本のモータースポーツの歴史は、
1963年に開催された第1回日本グランプリ(GP)と共に始まりました。
当時の国産メーカーは過酷なモータースポーツに積極的に取り組んでおり
1965年トヨタはTMSC(トヨタ・モータースポーツ・クラブ)を結成。
翌年第3回日本GPにトヨタ初のDOHCエンジン搭載モデル2000GTで初参戦しています。

 

1970年10月にデビューしたセリカ1600GTは
開発段階からレース仕様の開発が進められていました。
コンピュータと風洞実験で形状が決められたフロ ントスポイラーやリアスポイラー、
ヘッドランプカバーやオーバーフェンダーを追加しています。

2T-G型エンジンはドライサンプ化などによりパワーアップ し、
サスペンションアームは全面的に作り直されるなどライバルに対抗できる
強いツーリングカーに育てるという目的で開発されました。

 

セリカ1600GTが初めてレースに出場したのは1971年11月、
富士で開催された日本オールスターレースです。
3台出場したTS-bクラスで1〜3位を独占する鮮烈なデビューでした。
1972年に入るとセリカの快進撃は続き、
3月の全日本鈴鹿自動車レースでツーリングカークラスで優勝。
同年4月、富士で開催のレース・ド・ニッポンにおいてスカイランGT-Rやフェアレディ240Zを押さえ
総合優勝を果たすなど上位を押さえるポテンシャルを発揮しました。

 

5月3日富士で開催された日本GPではセリカが1位、2位と4位の上位をほぼ独占、
3位にもカローラ・レビンが入りトヨタは圧倒的な強さを見せつけました。

最新情報を配信中




新製品情報
製品一覧
●飛行機
・1:72スケール
・1:48スケール
・1:32スケール
・1:144スケール
・1:200スケール
・ミュージアムモデル
・1:72エアクラフト アクセサリー
・1:48エアクラフト アクセサリー

●船
・1:350スケール
・1:450スケール
・1:700スケール

●自動車
・1:24スケール
・1:12スケールバイク
・1:20スケール

●フィギュア
・1:24スケール
・1:12スケール(JKメイト)
・1:12リアルフィギュアコレクション

●AFV(装甲車)
・1:72スケール

・1:35スケール

●キャラクター
・アイドルマスター
・ウルトラマン
・エースコンバット
・エリア88(CW)
・キャプテンハーロック(CW)
・クラッシャージョウ(CW)
・紫電改のマキ(CW)
・終末のイゼッタ(CW)
・ストライクウィッチーズ
・戦場まんがシリーズ(CW)
・たまごひこーき
・たまごガールズ
・とある飛空士の追憶(CW)
・バーチャロン
・バリバリ伝説
・マクロス
・マシーネンクリーガー
・メカトロウィーゴ(CW)
・モーレツ宇宙海賊(CW)
・ラストエグザイル(CW)
・輪廻のラグランジェ(CW)
・クリエイターワークス シリーズ

・無人宇宙探査機 ボイジャー
・双腕仕様機 アスタコNEO
・しんかい6500
・空港用化学消防車

●フィギュア用アクセサリー
・1:12スケールフィギュア用

● ディテールアップパーツ
・1:48飛行機用
・1:32飛行機用
・1:350艦船用
・1:450艦船用
・1:700ウォーターライン用
・1:24自動車用
・1:20自動車用
・オプションデカール

● トライツール(工具)
・模型用工具
・熊野筆
・テンプレート
・モデリングメッシュ
・フィニッシュシリーズ
・海外メーカー製工具

●モデモ 
・N/HOゲージ鉄道模型

● 輸入商品
・ドイツレベル社 
・アメリカレベル社 
・ICM社 
・メリット社 
・アドオンパーツ社 
・RSモデル社 
・サンダーモデル社 
・DGアートワーク社 
・HKモデル社
・ボーダーモデル社
・SABREモデル社
・RPGモデル社
・U-STAR HOBBY社
・ハセガワ タコム 
・PONTOS MODEL社
・コンコルド社(洋書)

製品リストダウンロード