プラモデルメーカー ハセガワ
GLOBAL SITE
サイト内検索
トップ 販売店情報 サポート/お問い合わせ ブログ イベント コンテスト 会社情報
プラモデル
再販
ランチァ ストラトス HF [1977 モンテカルロ ラリー ウィナー]
CR32
スケール … 1:24
品番 ……… CR32
弊社発送 … 2020年10月02日
発売日 …… 2020年10月07日ごろ
本体価格 … 3000円(+消費税)
パーツ数 … 147
模型全長 … 161mm
模型全幅 … 80mm


ランチアストラトスは世界初のパーパスビルトマシーンとして開発され、
FRP製のカウルを前後に持つ革新的なミッドシップマシーンとして誕生しました。
1970年代ラリーのパワー競争は年を追う事に激化、
勝つためには高い運動性能と軽量コンパクトなマシーンが必要でした。
ランチアはこれまでの市販車をベースにラリー用マシーンを制作するという考えを捨て
ストラトスは世界で初めてWRCのタイトルを獲得する目的だけに開発されています。
1970年11月ベルトーネはトリノショーにおいてオリジナルストラトスを発表、
1971年11月にはミッドシップレイアウトを導入した
第2次プロトタイプカーをランチアに提示しました。
翌年プロトタイプながら様々なイベントに参加し
WRC参戦を前に熟成を進めました。
1973年10月ストラトスの生産が開始され
グループ4のホモロゲーションを1974年10月に取得、
すぐさまWRC第5戦サンレモラリーでデビュー。
ストラトスは終始トップを守りきり、圧倒的なパフォーマンスを見せ、
見事デビュー戦を優勝で飾り、このシーズンのメイクスタイトルを獲得しました。
本格的な参戦となった1975 年、イタリアの航空会社アリタリアエアラインが
メインスポンサーに付き1975年のメイクスタイトルを獲得、
1976年もその強さは衰えず3年連続のメイクスタイトルを獲得するという
快挙を成し遂げるとともに開幕戦のモンテカルロでは1975年から1977年まで
3年連続優勝という輝かしい記録を打ち立てるなど
ランチアストラトスは1970年代を代表するラリーカーです。

最新情報を配信中




新製品情報
製品一覧
●飛行機
・1:72スケール
・1:48スケール
・1:32スケール
・1:144スケール
・1:200スケール
・ミュージアムモデル
・1:72エアクラフト アクセサリー
・1:48エアクラフト アクセサリー

●船
・1:350スケール
・1:450スケール
・1:700スケール

●自動車
・1:24スケール
・1:12スケールバイク
・1:20スケール

●フィギュア
・1:24スケール
・1:12スケール(JKメイト)
・1:12リアルフィギュアコレクション

●AFV(装甲車)
・1:72スケール

・1:35スケール

●キャラクター
・アイドルマスター
・ウルトラマン
・エースコンバット
・エリア88(CW)
・キャプテンハーロック(CW)
・クラッシャージョウ(CW)
・紫電改のマキ(CW)
・終末のイゼッタ(CW)
・ストライクウィッチーズ
・戦場まんがシリーズ(CW)
・たまごひこーき
・たまごガールズ
・とある飛空士の追憶(CW)
・バーチャロン
・バリバリ伝説
・マクロス
・マシーネンクリーガー
・メカトロウィーゴ(CW)
・モーレツ宇宙海賊(CW)
・ラストエグザイル(CW)
・輪廻のラグランジェ(CW)
・クリエイターワークス シリーズ

・無人宇宙探査機 ボイジャー
・双腕仕様機 アスタコNEO
・しんかい6500
・空港用化学消防車

●フィギュア用アクセサリー
・1:12スケールフィギュア用

● ディテールアップパーツ
・1:48飛行機用
・1:32飛行機用
・1:350艦船用
・1:450艦船用
・1:700ウォーターライン用
・1:24自動車用
・1:20自動車用
・オプションデカール

● トライツール(工具)
・模型用工具
・熊野筆
・テンプレート
・モデリングメッシュ
・フィニッシュシリーズ
・海外メーカー製工具

●モデモ 
・N/HOゲージ鉄道模型

● 輸入商品
・ドイツレベル社 
・アメリカレベル社 
・ICM社 
・メリット社 
・アドオンパーツ社 
・RSモデル社 
・サンダーモデル社 
・DGアートワーク社 
・HKモデル社
・ボーダーモデル社
・SABREモデル社
・RPGモデル社
・U-STAR HOBBY社
・ハセガワ タコム 
・PONTOS MODEL社
・コンコルド社(洋書)

製品リストダウンロード