日本郵船 氷川丸 

Z28
1:350スケール プラモデル
日本郵船 氷川丸
¥10,290 (本体価格 ¥9,800) 好評発売中

氷川丸は日本郵船が1930年に竣工させた貨客船です。
姉妹船として日枝丸、平安丸があります。北太平洋航路(シアトル航路)で運行されました。
サービスの良さは、外国人乗客からも評価されるほどで、チャーリー・チャップリンなどの、著名人も乗船しました。
しかし、太平洋戦争が始まる直前の、1941年10月には、海外邦人の引き揚げ船として徴用され、その後、日本海軍所属の病院船として運用されました。
終戦まで、沈没を免れており、戦後、1950年には、再び日本郵船の国際航路に復帰し、1960年に引退するまで、北太平洋航路で運行されました。

キットは、戦前の日本郵船所属時代を完全新金型で再現します。
船体は内部に桁を挟み込むことにより、確実な組立と強度を実現。
客室まわりにつきましては、開口部などから見える外観部分は、しっかりと作り込んでいます。
甲板は水はけを良くするために湾曲させている断面形状(キャンバー)も正確に再現。
船橋の窓や、探照灯は透明部品をセット。
展示用スタンドが付属。貨客船の特徴の一つとも言える、多数のクレーン(デリック)と、そのウインチも精密にパーツ化しています。
戦艦や空母とは全く異なるパーツ構成と存在感をお楽しみいただけます。

氷川丸は現在、日本郵船の管理のもとで、横浜の山下公園に繋留されており、見学(有料)が可能です事前に実船で予習してから組み立てると、いろいろな発見ができて楽しさ倍増です!


【製品仕様】
日本郵船の貨客船(戦前時代を再現)
シアトル航路に就航(戦前は1930年〜41年まで)

【封入特典】
◇歴史解説書( モノクロ A4サイズ)
◇「カラー塗装図/主要張線参考図」(模型原寸大)

模型全長:466.5mm 全幅:57.5mm

 開口部などから見える外観はしっかりとした作り込み 水はけを良くするため湾曲した甲板(キャンパー)を正確に再現
 通風口、明かり取り窓など細部まで精密な作り込み 貨物船の証、多数のクレーンとウインチを精密にパーツ化
氷川丸の完成度を高める専用ディテールUPパーツ
QG49
1:350スケール ディテールUPパーツ
氷川丸 エッチング パーツ ベーシック
¥3,780(本体価格 ¥3,600)
1/350スケール艦船モデルディテールアップとしては基本となる、手摺、ラッタル、浮環、扉をセットいたします。
こちらを組み込むだけで、実感はかなり高まります。
プラ部品だけでは満足できない貴方にピッタリの内容です!
プラ部品では再現できない、エッチングならではの繊細な精密感をお楽しみください。

QG50
1:350スケール ディテールUPパーツ
氷川丸 エッチング パーツ スーパー
¥3,360(本体価格 ¥3,200)
ベーシックだけでは満足できないという方には、こちらの上級者向け用パーツもご用意いたしました!
内容は、デリック用滑車、ダビッド用滑車、各種ボート用部品(台座、舵、スクリュー)、タラップ、方向探知器用アンテナとなります。
究極の氷川丸の製作にチャレンジしてみてください。


QG51
1:350スケール ディテールUPパーツ
氷川丸 木製甲板
¥4,410(本体価格 ¥4,200)
レーザー加工による精密な彫刻と、木製ならではのリアルな質感が魅力的。
裏面には接着剤がついていますので、貼り込みも簡単!
手軽に、実感溢れる甲板表現が可能となります。
各ウインチの台座部分用のエッチングパーツが付属します。



ディテールアップパーツ【QG49・QG51】 使用例 ※「1:350氷川丸」は別売です
通信販売のお申し込みはこちらから
Z28
1:350スケール プラモデル 日本郵船 氷川丸
¥10,290(本体価格 ¥9,800)
購入個数 

QG49
1:350スケール ディテールUPパーツ 氷川丸 エッチング パーツ ベーシック
¥3,780(本体価格 ¥3,600)
購入個数 

QG50
1:350スケール ディテールUPパーツ 氷川丸 エッチング パーツ スーパー
¥3,360(本体価格 ¥3,200)
購入個数 

QG51
1:350スケール ディテールUPパーツ 氷川丸 木製甲板
¥4,410(本体価格 ¥4,200)
購入個数 

日本郵船 氷川丸 専用展示ケース<通信販売専用商品>

ICH590



1/350 日本郵船 氷川丸 専用展示ケース

クリア部分・・・ 524×113×195 ミリ
台座・・・550×140×18 ミリ

10500円(本体価格10000円)

購入個数: