日本海軍 甲型 駆逐艦

雪風について

雪風は、数ある日本海軍艦艇の中でも、もっとも栄光に満ちた存在として知られている。

「武勲艦」「幸運艦」「奇跡の船」など雪風を讃える言葉は多い。

雪風は、第二次大戦開戦当初から常に主要作戦に従事し、戦闘はもちろんのこと、護衛、輸送、救助と休む間もなく太平洋を走り回った。

しかも終戦の日に、活動できる数少ない駆逐艦の一隻だった。

しかしその反面、そのあまりの幸運ぶりに、僚艦乗員達からは「疫病神」と陰口を叩かれることもあったという。

 日露戦争・日本海海戦での日本海軍の圧倒的な勝利は、列強各国を驚嘆させ、当時の海戦のあり方を根底から覆した。

やがて各国は、歯止めのない建艦競争に取り組んだ。
世界的な経済活動にまでその影響がおよぶと列強各国が集まって軍縮条約を作り様々な規制を行った。
その結果日本は、極度に海軍力が抑止されることになった。
日本は、昭和5年のロンドン軍縮会議において「攻撃的兵力を極力縮減して、不脅威不侵略の事態を確立すべきだ」と、空母の全廃、戦艦の段階的な廃止など大国が率先して大軍縮を行うことを主張した。
しかし列強各国の同意は得られず、日本は、昭和11年末に条約を脱退した。

陽炎型(甲型)駆逐艦は、無条約時代の最初の年である昭和13年、第三次補充計画(通称マルサン計画)によって建造された15隻の駆逐艦である。

この計画の予算上は、駆逐艦18隻となっていたが、そのうち3隻は、大和型戦艦の建造費用を秘匿するため計上されたものであったため、本計画においては、建造されていない。

軍令部が陽炎型に要求した基本性能は、最高速力36ノット以上、航続力18ノット/5000カイリ、兵装は特型と同程度だった。

検討の結果、軍令部の要求を満たすためには公試排水量2700トン以上、機関出力60000馬力の超大型艦になってしまった。再度検討した結果、基準排水量2000トン、公試排水量2500トン、機関出力52000馬力航続力18ノット/5000カイリとなった。

日本海軍史上初めて、長大な航続性能を持つ艦隊型駆逐艦が実現したのである。

陽炎型は、純粋な日本式駆逐艦の始祖となった特型から進化し、艦隊型駆逐艦系列の頂点を為していた。

友鶴事件(注1)や、第四艦隊事件(注2)の教訓を取り入れ、きわめて優秀な艦になった。

雪風は、陽炎型(甲型)駆逐艦の8番艦として、昭和15年1月20日佐世保工廠にて竣工した。

初陣は、昭和16年12月8日の日米開戦と同調して行われた、レガスピー上陸作戦である。

これより雪風は、太平洋における代表的な、ほぼすべての作戦に参加し、常に最前線で苛烈な戦いをすることになる。

開戦当時雪風は、世界最強と謳われていた第二艦隊第二水雷戦隊に所属し、上陸部隊の護衛や輸送、援護などに従事した。

最初の艦隊戦は、スラバヤ沖海戦である。この海戦では僚艦と共に敵巡洋艦2隻を撃沈している。

その後、ジャワ近海の潜水艦掃討戦において、敵潜1隻を撃沈する活躍を見せた。

このように開戦当初、日本連合艦隊は太平洋上に米英連合国の主力級艦船がいなくなってしまうほどの、無敵の強さを誇っていた。

しかし昭和17年6月4日ミッドウェー海戦における敗北により、機動部隊が壊滅する事態を招き、日本軍は徐々に劣勢な立場に追い込まれていく。

雪風もこの作戦に護衛部隊として参加、ミッドウェー島上陸部隊をのせた輸送船団と行動していたが、先行していた機動部隊が壊滅、作戦中止の報により残存部隊を護衛し内地へ引き返した。

雪風は、その後も僚艦が戦闘により次々と大破、あるいは沈没していく中にあって、多少の損害は受けるものの必ず港へ帰りついた。

これは雪風が優秀な駆逐艦であったこともあるが、乗員の練度の高さや、艦長の果敢な判断があったことも忘れてはならない。

三代目艦長の飛田健次郎中佐は、見かけはいかめしく一見豪傑風だが実は、緻密で優しい性格であった。

四代目艦長の菅間良吉中佐は、強気でユーモラスな薩摩隼人、沈着冷静な好男子だった。

歴代艦長の中でも、五代目艦長であった、寺内正道中佐の活躍はめざましい。
寺内艦長が雪風赴任時の乗員への挨拶で
「雪風は沈まぬ。なぜなら俺が艦長をしているからだ。」
と述べた話は有名である。
寺内艦長は、酒豪で豪放磊落、エネルギッシュな巨漢だった。
部下は可愛がるが、上官の無理な命令には、タテをつくので大尉を長くやり、前線勤務が長いのに進級が半年も遅れている人物だった。
また機銃弾や砲弾が飛び交う中、くわえ煙草で艦橋天蓋の穴から身を乗り出して、落ちてくる爆弾の軌跡を確かめ足先で操舵手に進路を指図した逸話も残っている。

雪風は、武蔵、信濃、大和の大和型艦船三艦の沈没も見届けている。終戦後は、特別輸送艦として復員輸送に活躍し、その後、賠償艦として中華民国に渡る。

賠償艦として整備された雪風を見た連合国武官は、「敗戦国の軍艦で、かくも見事に整備された艦を見たことがない、正に驚異である。」と話したという。

注1:友鶴事件・昭和9年(1934年)3月12日、同年2月に竣工したばかりの千鳥型水雷艇2番艦「友鶴」が、演習中に波浪によって佐世保港外において転覆した事件。原因は、過重武装が艦の重心位置を高くしたための復元力不足だった。
注2:第四艦隊事件・昭和10年(1935年)9月26日連合艦隊における大演習中に、三陸沖で大型台風に遭遇、駆逐艦初雪、夕霧は艦首を切断するなど艦隊のほとんどの艦が損傷を受けた。損傷艦は新鋭の特型駆逐艦も含まれていた。
原因は、重量軽減に徹するあまり強度に問題があったためだった。
天一号作戦

昭和20年4月、戦艦大和と軽巡矢矧、駆逐艦8隻で編成された第二艦隊。雪風は、同型艦の磯風、濱風とともに、その戦列に加わりました。

4月6日午後、艦隊は沖縄救援のため、瀬戸内海から出撃。「天一号作戦」と命名された本作戦は、航空機による支援はなく、生還の可能性は極めて低い作戦でした。

雪風は他の艦艇と共に、懸命の防空戦闘を行いましたが、大和が壮絶な最後を遂げたのは歴史の示すとおりです。

雪風は、本作戦でも幸運艦の名の通り生き残り、呉に帰還を果たしています。

キットは新規パーツを多数追加し、天一号作戦時の姿を再現します。

<天一号作戦> 

陸軍、海軍の沖縄方面での特攻作戦。地域により号数が決まっており、天一号の沖縄を始め、天二号・台湾、天三号・東支那海沿岸、天四号・海南島を含む以西、というように定められていた。

同じ4月6日に始まった菊水作戦と混同されることが多い。菊水作戦は、海軍航空機の特攻作戦である。

作戦実施日付によって号数が決められており、4月6日の菊水一号から、6月22日の菊水十号まで実施された作戦である。天一号作戦は、大和を中心とし、軽巡洋艦矢矧と雪風を含む駆逐艦8隻の部隊編成で行われた。最終的には沖縄本島に突入し、艦体を座礁させた上で固定砲台として利用する予定だった。
しかし坊ノ岬沖で米軍機の猛攻に遭い大和以下六隻が沈没、作戦は中止となり、雪風は僚艦三隻と共に救助を行ったのち帰投した。

キットは新規部品を多数用意し、当時の姿を再現します。

 
QG10

本海軍 甲型駆逐艦 雪風
“天一号作戦”用エッチングパーツ

2310円(本体価格 2200円)


1/350 駆逐艦 雪風 専用 アクリル展示ケース < 通販専用商品 >
品番 ICM450Y
品名 1/350 ハセガワ 駆逐艦 雪風 専用 アクリル展示ケース 
仕様
クリア部分 アクリル (ガラス色)2ミリ厚
435×125×150
台座 MDF木製(マホガニー色)
440×140×18
価格 6510円(本体価格6200円)
*通販専用品の為、別途送料・代引き手数料が必要になります。

*運送中破損の可能性が高い為当社直販のみでの御受注です。ご了承ください。

*常時在庫の商品ではありません。
在庫切れになりましたら次回生産時までお待ちいただくこともございます、ご了承ください。

お近くで手に入らない方は、当社通販にて承ります。

お申し込みは下のショッピングカートをご利用ください。

ハセガワ商品は全国の模型店様でお買い求めください。
Z22

日本海軍 甲型駆逐艦 雪風
“天一号作戦”

4410円(本体価格 4200円)


購入個数:
QG10

本海軍 甲型駆逐艦 雪風
“天一号作戦”用エッチングパーツ

2310円(本体価格 2200円)


購入個数
ICM450Y

1/350 駆逐艦 雪風 専用 アクリル展示ケース 

6510円(本体価格6200円)


購入個数:

1/350 雪風バリエーションモデル
40063 

1/350 駆逐艦 雪風 昭和十五年 竣工時

4410円(本体価格4200円)

完売いたしました。
たくさんのご利用ありがとうございました。
QG9

1/350 駆逐艦 雪風 昭和十五年 竣工時 エッチングパーツ

2100円(本体価格 2,000円)

完売いたしました。
たくさんのご利用ありがとうございました。
ICM450Y

1/350 駆逐艦 雪風 専用 アクリル展示ケース 
<通販専用商品>

6510円(本体価格6200円)

購入個数: