エアブラシ派の方には「なんで今さら筆なの?」と思われるかもしれません。
そう思われた方には必要のない道具かもしれません。

しかし、筆塗りでしかできない「味」「雰囲気」の魅力も模型作成時の大いなる楽しみだと思います。

時間も忘れるほど筆先に集中し、思い通りの塗装ができた快感は筆塗り独特の喜びです。

しかし、筆の種類は多種多様・・・
しかも使う方の個性と筆の個性が合わなければ「高い筆だから良い」というものでもありません。

筆塗り派の皆さまに喜んでいただければ!と、熊野の筆職人さんと担当者がこだわって作り上げた筆です。
というわけで、すべての人に使いやすい筆でも、廉価版の筆でもありません。

この筆の個性と貴殿の筆へのこだわりが適合し、喜んでご使用いただき,
快適に塗装を楽しんでいただき、良い作品の完成に役立つことができればこれ以上の喜びはありません



NEWS

  

田中克自流 飛行機模型筆塗り塗装術の田中克自さんよりお手紙を頂きました。
詳細はこちら

開発コンセプト

熊野筆の開発コンセプトは、うまく塗れる筆・・・ではないんです。
勿論うまく塗れるような努力/技術は注ぎ込んでいますが、最大の目的は「筆塗りの楽しさ」の再認識をしてほしかったんです。
この筆を使って次はこの方法で塗ればうなくいくかな?とチャレンジしたくなる筆・・・です。

筆にスケールモデルもキャラクターモデルもありません。
いろいろなカテゴリーの方に熊野筆で塗装をしていて、時間を忘れてしまった とか、次はこうして塗ろう!とか・・・
「筆塗装の面白さ」 楽しんでいただければ担当者としてはうれしい限りです。

既にそのような筆に出会えていて、その筆がお気に召している方には無用の筆です。


熊野筆 とは

日本有数の筆の名産地広島県安芸郡熊野町で生産される筆。特に化粧用の筆として有名。
1975年筆として全国で初めて「伝統的工芸品」の指定を受けています。

*筆の命である毛質や穂のクオリティ、筆の名産地の職人さんによる手作りであること、
化粧筆の価格を調べていただければ逆に割安であることがご理解いただけると思います


クオリティ
ハセガワ KFシリーズの筆は、すべて熊野の筆職人さんによる手作りです。<その為一度に大量生産ができません>
クオリティの基準は国内某有名化粧品メーカーさんの基準をベースに模型専用の基準を設定し、徹底した品質で管理されています。
そのため非常に毛の抜けや切れが少ないのも特徴です。
しかし、抜けない/切れないわけじゃありません。筆の毛は抜けたり切れたりする消耗品です。
お手入れや保存方法次第で大きく寿命は異なります。
  • 使用後はブラシクリーナーなどの筆洗液でよく洗いましょう。洗浄後穂先を整え、よく乾かしましょう。
  • 筆の中心部分(先端)を引っ張ったり、強い力を加えないでください。毛が抜けて使用できなくなることがあります。
  • 使用後の筆にはキャップはしないでください(特に水系の塗料)穂が腐る原因になります。

 
職人技

熊野筆シリーズ ぼかし筆 面相筆 平筆 それぞれの筆の特性に合わせた職人さんの技術が隠れています。
その一例を平筆でご紹介しましょう。

上の画像は 「KF9 平筆 長 」です。
毛はホワイトポニー 
ホワイトポニーといえども若干の色の入った毛も混じります。

天然毛ですので・・・

乾燥状態では少々ばらけた感じがしますが、天然毛なので気温や湿度によって生じる現象です。皆さんの髪の毛が湿度の高い日にまとまりにくいのと一緒です。
水分(塗料)を含むと集束しますからご安心ください。

ポイント@

穂の先端から1/3が絶妙なタッチで「すき」が入っています。
この「すき」具合でムラが起きないよう絶妙な量で塗料のリリースされるよう調整されています。
この「すき」が熊野筆の命です。理容師/美容師さんのカットの上手い下手で違ってくるのとよく似ていますね。
ですから穂先を切って揃える等言うことはしないでください。
穂先のバランスが狂うだけでなく、バラバラになってしまう可能性もあります。

ポイントA

「すき」の入っていないこの部分は、塗料を含み微妙に穂先へ補充する「タンク」になる部分です。
この塗料の「含み」具合、先端への塗料の供給具合も職人さんのテクニックで調整されています! 

こんな感じで力を抜いてあげるとうまくいきます。
 左の筆に水を含ませた画像です。

穂の先端が集束し、穂の中央部分に水を含んでいる様子が判ると思います。
*使用していると集束しきれない毛が出てきますが絶対に引 き抜くようなことはしないでください。集束しきれない部分の  毛のみをカットしてください。(引き抜くと穂先がバラバラに  なる可能性があります)

毛の特製を把握しきったた職人さんのならではの技術のタマモノです。

熊野筆シリーズ モニター先行販売ご購入者の感想


 

熊野筆モニター販売ご利用ありがとうございました。
また、アンケートにご協力いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

多くの皆さまに良いご評価を頂いて担当者も大変うれしく感じております。
熊野筆で筆塗りの楽しさをご堪能いただければ幸いです。



製品ラインナップご紹介と通信販売のお申し込み



熊野筆 使用例

<あくまで担当者の使用例です。貴殿の今までのやり方の方がうまくいくかも?>
ぼかし筆 塗装可能タイプ(試作品)でイスラエルの迷彩を楽しもう編
− F−16I −
平筆を利用した平面塗装 アレンジ編
− 1/48 紫電 暗緑色 − 
ぼかし筆で迷彩を表現しよう 飛燕編
― ナチュラルメタル(銀)&濃緑色 ―
 
ぼかし筆で迷彩を表現しよう 屠竜編 
― 濃緑色&灰緑色 ―
面相筆小技 キャノピー枠の塗装
ぼかし筆 を利用した 筆による飛行機-銀塗装
ぼかし筆 を利用した 空冷エンジンのドライブラシ塗装 &小技
平筆を利用した 筆による一般塗装
ぼかし筆を利用した 旧日本軍機の塗装剥がれ表現